魔女の手紙 タイランド       สาสน์จากแม่มดน้อย
FC2ブログ

追憶の日本 大阪天満宮にて ย้อนหลังวันวานกับทริปญี่ปุ่น ตอน ศาลเจ้า

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ



大阪あべの・キューズモールを出たわたしたちは南森町へ向かいます。大阪天満宮へ行くことにしたのです。

1_20200407115058e36.jpg

3_20200407115210870.jpg



日本一長いという天神橋筋商店街の2丁目です。
天満宮北側入り口前に落語をメインに上演している繁昌亭があります。
その前で見つけたのです。大好きな顔出しボード。もちろんわたしはすぐ走って行きハズバンドを呼びます。
「写真お願いね」

どうしてでしょう今回の旅ではあちこちで顔出しボードに出会います。そしてそのたびわたしは躊躇なく駆けてゆきハズバンドを呼ぶのです。
彼はいつも笑いながらそんなわたしの写真を撮ってくれます。

繁昌亭前の顔出しボードに顔を入れたとき、もうひとつのホールにとっとちゃんもやってきました。
こうしてわたしたちはお笑いモデルになったのです。

5.jpg

4.jpg

6_202004071155430c1.jpg

7_2020040711554490d.jpg

8.jpg



天満宮はそれほど大きな神社ではありません。でも有名な神社です。
正面で合掌してから境内を散策。
美しい梅の花が咲いていました。春が近いという意味でしょうか。でもまだ季節は2月です。

10.jpg

9.jpg

11_20200407115717277.jpg


美しい花ですが、わたしのイメージはこの木にできるかもしれない梅の実そして梅干し、そしてそれが中に入ったおにぎりへと広がってゆきます。
ほんとに日本の梅干しおにぎりは美味しいです。
今回も日本へ着いた日からハズバンドにお願いしてコンビニの梅干しおにぎりを食べています。ほとんど毎日食べています。
タイにはコンビニなどでおにぎりは売っているのですが残念ながら梅干しおにぎりはありません。これはもちろん食習慣の違いでしょうか。

天満宮ですが裏手のほうに歩いてゆくと新しい発見があるようでハズバンドもあまり来たことがないと言います。

本殿の横から奥へ歩いて行くと古い橋があらわれます。これは渡り廊下というようです。このようなスタイルははじめてのことで興味をひかれました。
この橋は神様が渡るのでしょうか。わたしたち人間はその下を通ってもっと奥へ入って行きます。

12_20200407115906732.jpg


突然ミラクルが起きました。
Kotobuki さんが「雪だ」と言ったのです。
小さな白いかけらが空から舞い落ちています。
立ち止まって確認します。
雪それとも雨?
じっと見ないとわからないくらいの小さな結晶です。

とても寒い日でした。このような気候が好きなわたしにも震えそうになるくらいの冷たさでした。でもほんの少しの雪にとってもうれしくなったのです。

本殿の裏側にも美しい場所があって、たくさんの写真を撮ることができました。
これで観光はおしまい。
このあとは何人かのお友達と会ってオフラインミーティングです。



14_2020040712034283c.jpg

16_20200407120437b13.jpg

13_202004071200492fc.jpg

15_202004071200516b7.jpg

17_20200407120052c34.jpg

18.jpg






Special Thanks
Photo cooperation Mr. Paparazzi Kotobuki





↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

追憶の日本 さあご飯とスィーツの時間です ย้อนหลังวันวานกับทริปญี่ปุ่น ตอน ถึงเวลาอาหารคาวและหวาน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


四天王寺を出てランチタイムです。時間はすでに午後2時。

朝、通りすぎてきたうな丼のお店へ。
わたしはうな丼が大好きです。日本のウナギかば焼きはほんとに美味しい。お寿司屋さんのウナギも美味しい。

うな丼屋さんに入ったとき、ヒーターの暖かさをしみじみと感じました。それだけ外が寒かったのです。

Kotobukiさん、とっとちゃん、ハズバンド、みんなが何をオーダーするか話しています。わたしはハズバンドに一任です。彼はわたしの好物をよくわかっています。

注文した丼が目の前に来たとき、わたしはすこし驚きました。
表のポスターとは違ってなんと小さなうなぎでしょう。

P1020076.jpg


もっと大きなウナギを食べるなら5000円以上のメニューをオーダーしないといけなかったのです。
日本でウナギは高級食品なのです。
わたしはランチにそれだけのお金を払うのはどうかと思う人間なのでしかたありません。

P1020081.jpg


すこし落胆しましたが、そんなことばかり考えているわけにゆきません、とにかくお腹が空いているのです。

空腹のせいでうな丼は物足りませんでしたが、でも気分は落ち着きました。
大きなウナギはスーパーで買いましょう。ハズバンドが美味しいうな丼を作ってくれます。

次は隣の駅、あべの(天王寺)に行きました。
タワー・あべのハルカスの向かいにあるショッピングセンター・キューズモールへ。
食事は終わりましたが次はデザートです。

P1020082.jpg


Kotobukiさんが教えてくれたスィーツのお店。
表でメニューを眺めていると、どれも美味しそうで全部食べたくなります。
10000円のジャイアントクリームタワーは驚きです。でも今なら全部食べられる、そう思いました。
でもこの時、昨年末から続いている喉のコンディションが悪く、アイスクリームを食べて咳が出るのを心配しました。

Kotobukiさんが言います。
先にアイスを食べてそしてケーキとコーヒーというメニューはいかが?

とても興味のあるメニューですが、オーダーしたのはケーキとホットコーヒー。

オーダーが運ばれてきたときわたしたちが打ち合わせもなく行ったことはカメラを出して写真を撮ること。

P1020090.jpg


20200206145732_IMG_0733.jpg

20200206145724_IMG_0732.jpg

20200206145643_IMG_0731.jpg


とっとちゃんはやさしいレディです。
自分のオーダーをみんなに分けてくださいます。
幸せな気分のわたしから胃の痛みが知らないうちに消えていました。心も胃も満足したようです。
デザートのパワーはわたしには癒しにもなることをあらためて知りました。

キューズモールにユニクロショップがあることを知りました。それでみんなにお願いしたのです。そこで買いたいものがあります。
ユニクロのフリースを買いたいと長く思っていました。タイにもユニクロはありますが日本と違って高いのです。

妹のPOMもファミリー用にフリースを欲しがっていて、これは次回の冬の日本旅で着る予定なのです。

P1020110.jpg

P1020112-02.jpg


このときのことをあらためてKotobukiさんそしてとっとちゃんに感謝し、また謝らなくてはいけません。わたしのショッピングのために長い時間を割いていただきました。
ごめんなさい、そして、ありがとうお二人。
無事に目的のものをスペシャルプライスでゲットできました。

そうそう思い出しました。この日Kotobukiさんが着ていたのはオールユニクロでした。これはタイ人にとっては驚きなのです。というのもタイでユニクロはブランドでありとても高級感があるのです。

Oh!
この日はアメイジングな日になりました。とっとちゃんとKotobukiさんが随所でみせてくれた優しさは驚きでもありました。



※ Special Thanks Photo by Mr Paparazzi Kotobuki



↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

NEW TOPIC
COMMENT
LINK
SEARCH
RSSリンクの表示