魔女の手紙 タイランド       สาสน์จากแม่มดน้อย
FC2ブログ

イサーン・ケマラートの旅 インドシナマーケット ทริปเขมราฐ ตอน ตลาดอินโดจีน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


map_20200124085159400.jpg

Indo-China market (6)


さてグリルドポークのレストランを3時にでたわたしたち、このあとは有名なインドシナマーケットに行きます。

タイ東北イサーン地方でも有名なマーケットです。
場所はムクダハン県のメコン川沿いです。
売られている商品はラオス・ベトナム・中国・ロシアなどから運ばれたものです。
衣類から小物、陶磁器、お菓子類など様々なものが売られています。

わたしと妹が来たかった場所です。ここはなんといっても価格が安いのが魅力です。
あまり興味がなかったお母さんたちをおいてわたしは妹と二人マーケットを歩き回りショッピングを楽しみました。



Indo-China market (1)

Indo-China market (2)

Indo-China market (3)

Indo-China market (4)

Indo-China market (5)








↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

イサーン・ケマラートの旅 メコン川べりのブタ焼きレストラン ทริปเขมราฐ ตอน ไปเที่ยวแก่งกะเบา

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


01 Kaeng Ka Bao (4)

02 Kaeng Ka Bao (5)

03Kaeng Ka Bao (3)

Kaeng Ka Bao (8)

Kaeng Ka Bao (7)

Kaeng Ka Bao (1)


さてこの日、妹は、わたしや夫の両親を連れて行くためグリルポークの店Kaeng Ka Bao(ケン・カーバオ)を予約していました。

といってもわたしにはどんな店なのかわかりません。
調べてみるとそのお店はメコン川の畔にあってグリルド・ポークが有名らしいのです。

カントリーフードとして確立されたグリルドポーク。ブタの丸焼き的なイメージでしょうか。
外側の皮はカリカリにそして内側の身の部分はソフトに、そしてこの地の独特のおいしいソースで味付けされています。

実際に自分の目で、ブタがグリルされているのをみて驚きました。
ポークを焼くだけの専門職に10人ほどが従事して、常にポークから目を離さずに仕事をしています。

How to grill pork (2)

How to grill pork (1)


Kaeng Ka Bao に着いたのはちょうどお昼の時間です。
川べりにたくさんの小屋が並んでいます。屋根はヤシの葉っぱなどでカバーされているようです。ひとつの小屋にそれそれのグループが入って食事ができるようになっています。

Kaeng Ka Bao (6)

Kaeng Ka Bao (2)


腰を下ろすとすぐ目の前がメコン川そして対岸はラオスです。
料理はもちろん問題なく美味しかったですし景色もよくて、それになにより、ここで食事したあとは時間に関係なくそれぞれ昼寝をしたりあたりを見学したり、とてものんびりできるところがおすすめでしょう。



all of food

grilled pork

bean somtum

Larb.jpg







↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

イサーン・ケマラートの旅 いかだ遊び ทริปเขมราฐ ตอน ไปล่องแพกัน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


シリンドーン寺院のあとはもうひとつの目的いかだ遊びです。

ケマラートに来る前、ツィンズ妹は、わたしが着いてからの毎日のスケジュールを説明してくれました。
そのひとつに彼女の夫のお母さんがみんなが乗れるようにワゴンカーを予約して、いかだ遊びに連れていってくれるということでした。

これを聞いて最初に思ったのはトイレの問題です。
するとお母さんは、とっても快適なトイレがついてるわよ、と簡単に言いました。

とはいえ正直な話、わたしや妹はそれほどいかだ遊びに興味がありませんでした。ただ長い時間いかだに乗っているだけでとくに何をするわけでもなく時間の無駄のような気がしたのです。
というのもずっと前にわたしはタイのいかだ遊びの経験があったのです。とくに楽しいとも思わなかったし退屈だったのです。
でもせっかくわたしたちのためにお母さんが計画してくれた遊びを反対することはできませんでした。

Rafting (1)

Rafting (2)

Rafting (3)

Rafting (4)


わたしたちがいかだ乗り場に着いたのは11時ごろ。
待っていたおかあさんの友人たちが早く早くと手招きしています。

いかだをよく見たときショックを受けました。トイレがないのです。乗る前にあわててトイレを探さなくてなりませんでした。

Rafting (5)

Rafting (6)


そしていかだが動きはじめました。
すでに料理も用意されています。
動くいかだで食事をしましょうという遊びです。
お母さんのお友達のほとんどはケマラートのイサーンダンスチームの人々です。音楽やカラオケがすでに用意されています。
食事を終えた人々がにぎやかに唄いダンスをはじめます。

ミルキーはいかだに作られた小さなプールで遊んでいます。

Rafting (18)

Rafting (15)

Rafting (13)

Rafting (12)


トータル5時間ほどのいかだ遊びです。
思った通りお母さんやその友達、すこし年輩の方々はトイレに行きたくなったようです。
それでおばさんたちはスタッフにどこか森の近くで止めて下さいとお願いです。

わたしと妹は水分も控えて5時間を耐えたのでした。

Rafting (11)

Rafting (17)

Rafting (9)

Rafting (10)

Rafting (7)


とても疲れるいかだ遊びでした。
ないもすることもなく座りました。ネットのシグナルも届かない山の中でした。

疲れました。
それにワゴンの中で誰かから風邪をもらったみたいです。
とても暑い日。体調はますます悪くなりました。
結局この風邪は旅の後までながく続くことになったのです。









↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

イサーン・ケマラートの旅  シリンドーン寺院 ทริปเขมราฐ ตอน วัดสิรินธรวรารามภูพร้ว

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ



この日は早起きして午前6時半です。
お母さんから今日の予定を聞いていました。ご両親のお友達といっしょにラフティング(ボート遊び)に行きます。

それに応じてわたしたちはみんなでお揃いの服を着ようと約束していました。ショッピングストリートで買ったケマラートのTシャツです。

Wat Sirindhorn (1)

Wat Sirindhorn (2)


川へ行く前にあるお寺へ寄ろうとお母さんが提案しました。
Sirindhorn Wararam Phu Phraw Temple
(略称 シリンドーン寺院)
このお寺は有名だったのですがネットでチェックするまでわたしにはほとんど知識がありませんでした。


Wat Sirindhorn (3)

Wat Sirindhorn (5)

Wat Sirindhorn (8)

Wat Sirindhorn (11)

Wat Sirindhorn (13)

Wat Sirindhorn (18)

Wat Sirindhorn (7)

Wat Sirindhorn (15)

Wat Sirindhorn (21)

Wat Sirindhorn (22)

Wat Sirindhorn (26)




輝くお寺として知られ、丘の上に立つこのお寺、黄金色に輝く本堂が印象的です。

また、もうひとつの見どころは、夜になると緑色の蛍光色で浮かび上がる本堂の後壁に描かれているカラプラプルクの木(ピンクのシャワーツリー)です。

Wat Sirindhorn (27)

Wat Sirindhorn (28)



この光景を見る最適の時間は午後7時半ごろだといいます。明るい時間に裸眼で見たのでは小さな木があるように見えるだけで美しい緑色の蛍光色とは程遠いです。

本堂のマジックビューは別としてもこのお寺はメコン川を背景にした最高のビューポイントのひとつであることはまちがいないでしょう。

それに、お寺の後ろ側にはラオスエリアが広がりそこへ行くためのチョンメック入国管理局そしてふもと近くには湖のような貯水池があって美しい景色を構成しています。

そしてサンセットタイムになれば大地に沈んでゆく大きな太陽に魅了されることでしょう。

わたしたちがこのお寺に着いたのはもちろん夜ではありませんでしたが、目の前に広がる素晴らしい景色にあちこちで写真を撮るのに大忙しでした。
夜に見られる大きくなってゆくカラプラプルクの木は見えませんでしたが、昼間でないと目にできない多くの美しい景色を堪能できました。


Wat Sirindhorn (17)

Wat Sirindhorn (19)



↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

NEW TOPIC
LINK
ARCHIVE
SEARCH
RSSリンクの表示
PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

COMMENT
アルバム