魔女の手紙 タイランド       สาสน์จากแม่มดน้อย BLOG
FC2ブログ

国民支援の政府プロジェクト โครงการจากรัฐบาลเพื่อประชาชน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


The "Pay Half" (半額支払い)プロジェクトは小規模商店や一般の人々を支援するために設計されたタイ政府のプロジェクトです。
内容は簡単に言えば参加店から食料や一般的な商品を購入すると価格の半分50%を政府が負担するというものです。

02 G-Wallet in Pao Tang


これには次のような制限があります。
第1段階=2020年10月23日~12月31日まで
国民1名当たり1日150バーツまで支援
期間中合計ひとり 3000バーツまで

第2段階=2021年1月1日~3月31日まで
国民1名当たり1日150バーツまで支援
期間中合計支援額3500バーツまで
第1段階での利用者は差額500バーツを追加使用できます
ただし下記のような条件があります
※このプロジェクトは"Pao Tang" (パオタンアプリ=このプロジェクトのために作られたアプリです)を使用して50%の支援を行います。

02 G-Wallet in Pao Tang

Pay half project (10)

※1名1日あたり利用可能額は150バーツまで。
※使わない日があっても総額から差し引くことはありません
※使用可能時間帯は午前6時~午後11時まで
※登録終了時から14日間利用がないと無効になります。

昨年このプロジェクトが開始されたときわたしはまったく興味がなく、プロジェクトについての知識もありませんでした。
ただ聞いていたのはネットでの申込日には人々が殺到して登録がとても困難だということだけでした。
タイにいくつかあるネットワークですが、そのシグナルの微妙な違いで登録がまったくできないという問題も出たようです。

第2段階の登録募集がはじまるということでわたしやアムはチャレンジすることに。
目的のサイトにつながり登録を済ませました。あとはSMSが届くのを待ちます。それがくればこのプロジェクトに参加できたいうことです。
実際のところわたしは当日午前6時から登録作業を開始したのです。
政府が定めた定員は500万人です。サイトにつながって個人情報を登録できるのは早い者勝ちの側面もありますが運もあるでしょう。実情は開始2時間で定員に達しました。その間も度々システムが停まりました。
それでもわたしとアムは成功したのです。


Pay half project (1)

Pay half project (2)

Pay half project (5)

Pay half project (4)

Pay half project (9)


ショッピングに出かけた日はエキサイトしました。
まずお店がこのプロジェクト "Pay Half" に参加しているかどうかポスターやステッカーで確かめます。
1日最高で150バーツ、つまり300バーツまでの買い物にしか適用されません。例えば40バーツのものを買ったら半額の20バーツだけ払えばよいということです。もし400バーツの品物を買えば1日最高額の150バーツが引かれるのです。1日合計で300バーツの品物が半額150バーツで買えるということなのです。小さいものしか買えない金額ですがそれでも半額というのは魅力的なのです。
1日150バーツの少額支援ですが高額なものはほとんどネット購入ですから日々の食品などのお買い物にはとても役立つ支援システムだと思います。

食料品や生活雑貨のお店もこのプロジェクトへの参加が増えています。きっと彼らの売り上げにも役立つことでしょう。
わたし自身もこのプロジェクトに登録してショッピングに行く楽しみが増えたような気がします。
合計3500バーツになるまでしばらく半額の買い物が続きます。





Pay half project (6)

Pay half project (7)

Pay half project (8)

Pay half project (3)


↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

ラーメン食べたい! อยากกินราเมน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ



ラーメンのお話 ちょっとその前に

ミニトピック・タイと日本の違い
     電柱のかたち ちがうの 知ってますか?


これは雑学読本(話のネタ)・ソムチャイさまが教えてくださいました。(日本の方ですよ)

日本の皆様は電柱と言えば円柱のコンクリート製と即答できますね。
でもタイの電柱は四角いコンクリート製なのですよ。

02_20210113091003044.jpg


日本でも初めてコンクリートの電柱ができたときには四角だったそうです。
それは函館に残っています。

Hakodate 01

Hakodate02.jpg


それが様々な理由で現在の円柱になったそうです。
でもタイでは四角いままです。費用とか技術的な問題があるのかもしれませんね。




さあラーメンのお話です
Hachiban Ramen (8)

Hachiban Ramen (3)

Hachiban Ramen (4)

Hachiban Ramen (5)


さて今日のお話は先日のネンの新居のセレモニーの後からはじまります。
すべての儀式が終り、わたしたちは食事をいただきました。
その後はお片付けを手伝おうとネンに言ったのですが、彼女が言うにはケータリングを利用したのでほとんどは自分たちでする必要がないとのことでした。

そうなるとすでに決めていた次の予定にとりかかりましょう。
この日、セレモニーが終ったあとわたしたちはアユタヤ市内のAyutthaya City Park ショッピングモールへ行く予定です。

わたしがショッピングモールへ行きたかった理由のひとつはラーメンでした。そこにはタイで有名なチェーン店・ハチバンラーメン(八番ラーメン)が出店しているのです。
バンコクからアユタヤへ転勤して2年余り、ラーメンを食べる機会はありませんでした。ランチでときどき出かけるのはタイのヌードルショップで、ラーメンとはちがう食べ物です。
自分の車がない現在は市内へ出かけるのは簡単ではないのです。だから今日のようなチャンスにはぜひ出かけてラーメンを食べなくてはいけません。

その前、バンコクへ出かけてツィンシスターのポムファミリーに会ったことがありました。
待ち合わせをしたデパートです、ポムが電話で、
「なにが食べたい?」
わたしは迷わず即答です、
「ハチバンラーメン」
でもポムは躊躇しました。なぜならハチバンラーメンショップにはミルキーが食べられるメニューがないのです。
それでポムが提案したのはバンコクで日本食で有名なヤヨイレストランでした。そこにはミルキーが好きなエビの天ぷらもあります。

おばちゃんはミルキーのためなら仕方ありません、ポムの提案を受け入れることにしました。
ポムは車の駐車が手間取るので先にお店へ入って席をキープしといてほしいと言いました。
すでにお昼の時間、混んできます。わたしは急いでお店に入って席を見つけたのです。
しばらくしてポムから電話、
「どこにいるの?」
「もう座っているわよ」
ポムはすでに到着したけれどわたしを見つけられないと言います。
・・・そんな、どうして?
おかしいなと考えて、そして気がつきました。
ラーメンのことしか頭になかったわたしはハチバンラーメンのお店に座っていたのです。なんというミステイクでしょうか。

あわててヤヨイレストランへ行くとポムは席について大笑いしていました。
ヤヨイにもラーメンはあります。でもわたしがずっと食べたいと思っていたカラメンはメニューにはありませんでした。
仕方なくふつうのスープラーメンをオーダーするしかありません。でもそれは想っていたラーメンとは別物で大きな落胆しかありませんでした。

それから今日です。
長く待っていた日です。
わたしと友人たちはアユタヤシティパークに到着。わたしは先頭に立ってハチバンラーメンを探します。
そして見つけました。
やっぱりここにラーメンショップはあった!

でもよく考えるとさっきネンの新居で食事をすませたばかりでまだお腹が空いていません。
それで2時間まずショッピングウォークをして、それからまたみんなでラーメンショップの前に集まったのです。

Hachiban Ramen (1)


わたしの好きな"Karamen"(カラメン)はスープなしタイプのラーメンです。
鶏ひき肉と豚ひき肉を載せたスパイシーソース、生姜のピクルス、ねぎ、海苔などが入った辛口ラーメンです。
食べるときに酢で酸味とそして日本製の唐辛子を加えることでこの料理がますます美味しくなります。
カラメンが来ました。

Hachiban Ramen (6)

Hachiban Ramen (2)

Hachiban Ramen (7)


わたしはまるで夢のなかにいるような気分ですぐに食べてしまいました。
それだけでは十分ではなく持ち帰り用をオーダーしたのです。

よかった。やっと目的が果たせました。
これでこの日はなんの憂いも残さずお家に帰ることができたのです。










↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

友人ネンの新居に祝福を・EP3 セレモニー เหน่งทำบุญขึ้นบ้านใหม่ ตอนที่ 3

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


01 Nengs blessing new house ceremony (7)

02 Nengs blessing new house ceremony (8)


初めてネンの新居を訪れたときわたしが感じたのは住みやすそうな家だということでした。
二階建てのタウンハウスですが、家を決めるときネンは角家を希望しました。そうすれば娘たちが隣家に接していない方の部屋で迷惑をかけることなく自由に遊んだりできるでしょう。
1階はそれほどスペースがないようです。リビングと奥に小さなキッチン、トイレも奥にあります。
2階は3つのベッドルームに分かれそしてトイレがひとつ。
美しく典型的な現代風のお家です。

前回ご案内しましたように、今日はタイ伝統の家の祝福の儀式についてのお話です。
"家の祝福の儀式 "とは、古くからある信仰といえます。家を新築したり新しい場所へ引っ越したりした場合に行う功徳を施す儀式です。
功徳を施すのですが、それはつまるところ入居者のますますの繁栄を祈願することにつながります。
内容的には様々な効果があるとされています、たとえば、いさかいをしない、危険から身を守る、邪気を追い払う、病気にかからない等々。
これに参加するのは、僧侶、家人、親戚、友人などです。

祝福の儀式に前もって準備すること
1、儀式にふさわしい縁起の良い日の選択
2、当日より1~5日前に招待する僧侶を決定します。この人数は慣例により5人・7人・9人、のいずれかに決めます。
3、司会者、親戚や親しい友人、隣人などの重要なゲストの決定。
4、儀式を行う場所、部屋などの準備
5、儀式で使う道具の準備
それは、祭壇テーブル、仏像、お香、ろうそく、香炉、キャンドルホルダー、ペアの花瓶、花、白い布、僧侶の道具などの礼拝アイテムで構成されます。
僧侶のための水と香ばしい食べ物と甘いデザート。僧侶に贈られたタイの法器、金箔9枚、鉢、お金。
6、仏像から聖線を引く。(これは糸状のものでサイシンと言われ空中に線を引くものです)部屋の隅に縛り付けて右に回り、家の中を一周して再び仏像に戻る。聖水鉢に巻いて、残りを長僧(リーダーである僧侶)の領域、前に置きます。


Nengs blessing new house ceremony (1)



わたしたちが到着すると、オーナーであるネン夫婦がお坊さんたちを1階のリビングに案内して座っていただきます。親戚や友人たちは外の芝生に用意された椅子に座ります。
お坊さんがお祈りをしている間ネンファミリーはその前に座っています。外に座る人々とこの家には聖なる線(糸・サイシン)が張られみんな仏陀とつながることで祝意を捧げるのです。
読経が終るとネンの夫は僧侶にお供えを持ってきます。そして外にいる人々には感謝と尊敬をこめて花や線香やロウソクを持ってきます。そしてみんなはお祈りの言葉を言うのです。
お祈りの言葉=Sa-thu 🙏 (サァツゥ)

Nengs blessing new house ceremony (4)

Nengs blessing new house ceremony (5)

Nengs blessing new house ceremony (6)




その後、僧侶が出てきて、家のドアにお守りを書いてくれます。このお守りは、悪いものが家の中に入ってこないようにするための盾になります。
それを書き終えると僧侶の食事の時間になります。僧侶は11時に食事をスタートして12時までに終える必要があります。
そして9人の僧侶はこの食事を提供してくれたことへの感謝の祈りを全員で行います。そしてこのときにわたしたちはタイのダーマウエアー(僧服)を供えます。

Monk write talisman (1)

Monk write talisman (2)

Nengs blessing new house ceremony (2)



その後、長僧は竹の茎を束ねて聖水に浸し、周囲の人々の上に散らし、それから家の中のすべての部屋に行ってこれをおこない、悪いものを排除する儀式をすませます。

a bowl has holy water
Inkedbamboo_LI.jpg

use bamboo to people


これで儀式は終了です。
ネンの夫が9人の僧侶をお寺に送ります。
わたしたちはそれからランチをいただくのです。



Nengs blessing new house ceremony (10)

Nengs blessing new house ceremony (3)

Nengs blessing new house ceremony (9)



↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

友人ネンの新居に祝福を EP2 お坊さんをお迎えに เหน่งทำบุญขึ้นบ้านใหม่ ตอนที่ 2

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


5 Rom Pho Mano Dham temple (1)


ネンの新居のお披露目パーティの日です。
すでにわたしたちは約束していて、ネンの夫がドライブしてレジデンスでわたしとアムをピックアップしてくれます。
午前8時半に会ったわたしたちはそれからアユタヤのRom Pho Mano Dham 寺にお坊さんを迎えにゆきます。このお寺はわたしやアムが住んでいる会社のレジデンスからほど近い場所にあります。


 Rom Pho Mano Dham 寺
1 Rom Pho Mano Dham temple (5)

2 Rom Pho Mano Dham temple (2)

3 Rom Pho Mano Dham temple (3)

4 Rom Pho Mano Dham temple (4)


わたしたちがお寺に着いたのは9時ごろですが、すこし早すぎたようです。お坊さんはまだ朝のお寺でのお努めが終ってないようです。
待っている間わたしとアムはお寺の中をウロウロ。大きなブッダ像も美しく、様々な写真を撮ります。

いつも思うのですがわたしの写真はいつもアマチュアの域を出ず、比べてアムは影や面白い要素を見つけるのが上手でいつも感心します。
わたしには写真の才能がないのだとあきらめの心境なのです。

わたしたちが写真を撮り終えてもお坊さんたちはまだ仕事が終わらないようです。
どこかで座ろうと椅子のある場所をさがしたとき、そこに遊んでいる子犬やテーブルの上のニャンをみつけたのです。
わたしは友達をみつけたのとおなじで急いで駆け寄ります。

A cat in temple (2)

A cat in temple (1)

Puppies (3)
Puppies (2)

Puppies (4)

Puppies (5)


近寄ったわたしを見た彼らはすぐに遊びをやめてそしてこちらに興味を示します。
かわいい子犬たちです。呼ぶとすぐにわたしとの遊びをはじめました。
こうしてお坊さんを待つ間退屈することもなく楽しい時間を過ごせたのです。

午前10時になりました。
お坊さんたちが朝の仕事を終えこちらに歩いてきました。
ネンの夫は今日のセレモニーに9人のお坊さんを招いています。
タイのお家のセレモニーはどんなものでしょうか。
それは次回にお届けします、どうぞお楽しみに。







↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

友人ネンの新居に祝福を EP1 เหน่งทำบุญขึ้นบ้านใหม่ ตอนที่ 1

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


昨年、ながく友人であるネンがファミリーと共にアユタヤへ引っ越してきました。
ネンと夫はもう転勤はないでしょうからファミリーと一緒にこの地で定年まで20年以上住むことになります。
それでもうアユタヤの住民として生きるために家を買うことを決心しました。

じっさいのところネンはアユタヤに来たくはなかったのですが彼女の夫や二人の娘たちはアユタヤに興味がありました。
なぜなら大都市バンコクでの生活は交通渋滞がひどく通勤や通学も大変でした。二人の娘は毎日5時には起床して朝ごはんは車の中という生活が続いていました。そして夕方はと言えばお家に戻るのは午後7時、それから宿題をしてすぐベッドです。もちろん遊ぶ時間はほとんどありませんでした。

ネンファミリーはアユタヤでは会社借り上げの賃貸住宅に住んでいました。バンコクでは持ち家だったのですが、そこは賃貸に出してアユタヤへやってきたのです。
ところがアユタヤでの賃貸住宅は電気代がとても高くつき、水は井戸水で水道が来てなかったのです。多くの人々が同時にアユタヤへやってきたので一時的な住宅不足もありました。

電気代といえば普通の一軒家、ネンのようにファミリーが多い家庭では一か月おおよそ1000~1500バーツくらいでしょう。でもその賃貸では3000バーツほどにもなっていたのです。それは家主が委託している収納代行システムにも問題があったのでしょうがすべては契約済みのことでした。参考までにわたしが住んでいる会社のレジデンスでは一か月の電気代は最高でも700バーツくらいです。ガスは使ってませんからすべては電気で行っています。
ネンの場合は電気の問題に加えて使用している地下水がよくなくて彼女は身体にアレルギー症状が出てきたのです。

そんなことがあって約9カ月の間彼女たちはアユタヤの様々なビレッジを回って新築や中古の物件を探しました。

彼女は慎重に考える必要がありました。
これから彼女が積み重ねてゆくキャリアと家族の生活を思えばそこは永住の地になるかもしれないのです。
それにかわいい二人の娘のことを考えなければなりませんでした。彼女たちが成長してゆく過程においてこれまでのアユタヤの借家の立地条件はけっして安全だと言えなかったのです。
古い賃貸が並ぶビレッジではドラッグ中毒のティーンエージャーが集まりよく争ったりしていることもあったりして、貧困社会の悪い一面が垣間見えることもあったのです。

彼女と夫は色々なビレッジを回って最後に断固たる決意で、ある良好な環境のビレッジで投資すべき物件を決めたのでした。
一軒家ではなく長屋形式になった家ですが、彼女と夫が本当に気に入った新しい家です。価格は高く、それはわたしのような都会の人間には信じられないことでした。アユタヤの家の値段がバンコクの相場と同じくらいなのです。
しかし、彼女はこの家が一番快適で美しく、毎月の返済が可能な体力に合っていたのでこの家を選ぶことにしました。

ネンの新居があるビレッジの入り口
タイで分譲団地はセキュリティガードがあります

images (1)



わたしは自分自身のことも併せ考えて、彼女の決断はすごいなと思いました。わたしの場合だと家族はハズバンドだけで、会社的に言うと近い将来のポジションアップのために転勤なども視野に入れる必要がありアユタヤで不動産購入は考えられないことなのです。

ネンはバンコクそしてアユタヤへとながく一緒にいる近しい友人たちを招待してお家のお披露目セレモニーを開きます。
わたしたちはお祝いのために彼女の新居に集います。
さあネンの新居のお披露目セレモニーです、たくさんのお坊さんが来る予定です。
そしてどんなお家なのでしょうか。
この続きは次回です、お楽しみに。









↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

NEW TOPIC
COMMENT
LINK
SEARCH
RSSリンクの表示