魔女の手紙 タイランド สาสน์จากแม่มดน้อย BLOG
fc2ブログ

タイの洪水についてสถานการณ์น้ำท่วมในไทย

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

今年の雨季は例年にも増してタイ全土で雨が多くなっています。
おおよそ10月になれば雨の日が少なくなって雨季も終わりを迎えるのですが、今年に限っていえば気象局はまだ嵐がやってくるでしょうと予測しています。したがって雨も11月まで続く可能性が指摘されています。

Flood3.jpeg

Flood1.jpeg

Flood2.jpeg


八月頃からほぼ毎日降る雨によって洪水も発生し、海面上昇による問題も多くなっています。
そのため首都バンコクも例年通り洪水が避けられない悪循環に陥っています。

わたしはツィンズの妹と毎日話しているのでバンコクの状況がよく把握できています。
妹たちのバンコク市内のコンミニアムエリアにはわたしたちも以前住んでいましたので、そこから大通りに出るまでの状況もよくわかります。
とくに今年は学校や仕事に行くためにみんなが急いで家を出ている朝。 そして、仕事や学校が終わった夕方にはまた雨が降ったりしています。道路の排水がまだ十分でないために交通渋滞もさらにひどくなっているようです。
わたしもかつては通勤のために大通りまでの道を膝まで水につかりながら歩いたことがあります。

一方アユタヤはどうかといいますと、時々アユタヤ市内へ流れ込むパサック川を見ることがあります。その川は本流であるチャオプラヤー川の支流にもなっているのですが、泥水が激しく流れているのが目撃できました。

わたしや友人たちが住んでいる、そしておなじエリアにある工業団地にも水の被害が起きないか、2011年のような大洪水が起きないようにただ祈るばかりです。
あの時の記録では本流から遠いこの地でも排水が間に合わず2メーターの浸水が起きました。多くの会社や工場に被害をもたらし、住む人々を苦しめたのです。


2011年アユタヤ工業団地水没
Flood Rojjana 2011 (1)

Flood Rojjana 2011 (2)

Flood Rojjana 2011 (3)


アユタヤ市内へ入る シンボルの仏塔付近 2011年
Flood Jedi Nak Leng Ayutthaya



わたしがときどき思い出すのはまだ幼かった頃、そう1983年のバンコク大洪水です。
当時おばあちゃんと住んでいたお家はセメントを混ぜた木の家でした。家の前には運河が流れ家の背後はガーデンになった広い庭でした。わたしは多くの子供がそうであるようにいつも庭を走り回っていました。
でもそのときに襲った大洪水が生活を一変させました。
水の高さはよくわかりませんが、キッチンとリビングルームがあった一階は水没、古い大きなキャビネットは破壊されました。

被害はわたしたちだけではなく多くの国民に及びました。

そして困ったのはトイレの問題です。うちに二つあったトイレはすべて一階だったのです。
二階だけでの生活を余儀なくされたわたしたちです。
おばあちゃんはわたしにトイレに行きたくなったらどうすればよいか教えてくれました。
ビニール袋を用意してくれて、それをおまるにおさめるのです。わたしはそこに大や小の用を足し、おばあちゃんはその袋を輪ゴムでしっかり結びました。そして裏の窓から勢いよく投げ捨てたのです。
あのときほどおばあちゃんが強くたくましく見えたことはありません。わたしは何も心配しませんでした。

あの時の様子はいまでも鮮明に覚えています。
おばあちゃんは目の前の問題をとてもすばやく解決してくれました。

わたしはハズバンドにこの出来事を話して聞かせました。
ビニール袋を投げるジェスチャー入りで演じてみせました。
わたしたち二人とも笑いが止まらなくなりました。

少なくとも今住んでいるこの場所で同じような状況が起きてどこへも行けなくなったらどうしましょうか。
わたしはおばあちゃんが教えてくれた方法をすべて使って困難な状況を乗り切ることでしょう。







↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

わたしの妹は占い師のはずだったけれど เมื่อน้องสาวฝาแฝดของฉันเป็นหมอดู 

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

IMG_0044.jpg

先日、ツインズの妹ファミリーとパタヤに行ったときのお話です。
ディナーはレストランに出かけず、シーフードをメインにした食材を買ってきて部屋で食べることにしました。ファミリーだけの食事は自由で大きな声でおしゃべりし笑うこともできます。
観光地のレストランはわたしたちにとってはまだまだ安心できない場所なのです。


妹のハズバンドがマーケットのお店へでかけシーフードを調達してくれます。
その間わたしたちは妹が家から持ってきたお皿などの準備です。
そしてその後はみんなが待っていた楽しい時間です。食べて、お喋り、それぞれの家族のことを話します。


今回のお喋りのなかからこんなトピックを。

妹は副業にフォーチュンテラー(占い師)を行っています。
彼女は、世の多くの困っている人に解決の糸口を見つけてもらう少しの助けになりたいと占い師をはじめる決意をしました。

現在、彼女のことが知られるにつれ、多くの人が相談しています。彼女は瞑想と予言のカードにより指導します。

妹がわたしのハズバンドにもフォーチュンテラーの意味を英語でもっと説明しようとしたときのことです。

.そもそもタイ人のわたしたちが英語をはじめて学んだのはもう30年も前になるでしょうか。あのころ先生は動詞を名詞に変換するとき後ろにER をくっつけることを教えてくれました。そうすることですぐに意味が変わります、たとえば、teach+ER という単語はTeacherになり、follow+ER は follower になるというような具合です。

images (1)


しかし妹は仕事であまり英語を使う機会がありません。そのため英語は忘れがちになり、たまの外国人との会話に苦労するのです。とくにわたしのハズバンドとはほとんど英語で話します。なので言葉を思い出せなくて困っています。
妹は自分が副業で行っている事の説明をしようと、
「私はフォーチュナーです」
と言ったのです。
これにはわたしは大笑いしてしまいました。なぜなら「フォーチュナー」はタイではTOYOTAの有名な車種だからです。わたしには妹が「私はトヨタフォーチュナーです」と言ってるように聞こえたのです。


妹は30年前の先生の教えをいまでも固く守ろうとしています。なんでもERをつければ名詞になるのよ、というわけです。

わたしは妹に言いました。
30年前の習ったことをそのまま維持してはダメよ。

フォーチュンテラーがトヨタ・フォーチュナーにすぐなるのはどうかしら。


でもこの話題で盛り上がったことはまちがいないことでした。







↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

アムの新しいおもちゃ・茹で卵器  เครื่องต้มไข่ ของเล่นใหม่ของแอม

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
 
アムとわたしは市場で卵を買うときはいつも30個買います。それを冷蔵庫にストックするのです。
というのも車を持っていないわたしたちはいつも好きな時に買い物に行けないのです。

朝通勤途中に市場で買い物をしてそのままオフィスへ行きます。そして夕方買い物袋を提げてレジデンスへ戻るのです。
そんなに乱暴に扱ってはいないのですがそれでも時々せっかく買った玉子がひび割れていることがあります。
これはゆで卵には不向きです。中味が流れ出て殻の中はカラッポになってしまいます。


わたしたち、とくに茹で卵好きのアムは、かねてより茹で卵器に興味を持っていました。それはお湯でボイルするのではなく蒸気を利用したものなのです。

アムはすぐに買うことを決めました。鍋で茹でるのはもうやめたいと思ったのです。

茹で卵器が送られてきました。
アムはすぐにそれを試し、どんなにうまくいったか写真を送ってきました。
それによると卵は割れることもなく、また皮をむくのもすぐ冷水に入れればとても簡単だと言ってます。

1663803643418.jpg

1663803639085.jpg

1663803641438.jpg

1663803639301.jpg



アムはわたしに言います。
‘おねえさんがもしゆで卵を食べたいのならこのマシンを貸すわ’
アムはネットショッピングがうまくいったので満足のようです。もしかしたらわたしにも買わせようと考えてるのかもしれません。





↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

王室からのプレゼント ถุงพระราชทานจากในหลวง

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

8月から9月はタイ人にとって毎年大変な時季です。
それは大都会バンコクの人々にとってもおなじことが言えます。
というのも毎日の雨があちこちで浸水、洪水を引き起こします。北方で降った大量の雨がチャオプラヤー川で運ばれてくるのです。

わたしの友人も洪水の影響を受けた一人です。
バンコクにファミリーが住んでいるので週末は帰るのですが、今回はたいへんだったようです。
夜眠っていると家のネコが鳴いて知らせたと言います。水が家の中に入ってきたのです。

1663723238514.jpg

1663723259121.jpg

1663723250677.jpg

1663723252305.jpg



彼女とファミリーは家に閉じ込められた感じです。
彼女は急いで車を少し離れた安全な路地に運びました。家に駐車していると水没する恐れがあったのです。

数日後、王室からのいわゆるロイヤルバッグが届きました。
中味は急場をしのぐ食料品や衣料です。お米、魚の缶詰、オイル、それに衣類のパトン(巻きスカート)、タオルなどが入っていました。
短期間生きながらえるのには充分な量でした。彼女たちは受け取った品物にとても感銘を受けました。

1663297817631.jpg

1663297814936.jpg


その後まもなくして彼女の家に浸水した水は徐々に引いてゆきました。路地の低いところには水が残りました。
とはいえバンコク周辺では毎日まだ雨が降り続いています。

わたしの住んでいるアユタヤの状況も場所によってはバンコクと似たようなものです。
北から流れてくる大量の水がそのまま海へ流れてくれるように祈るだけです。
しかしわたしは、2011年に起きた大洪水のようなことにはならないだろうと思っています。





↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

パタヤで休日を  ไปพักผ่อนที่พัทยา

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
ツィンズの妹が【一緒に旅をしよう】プロジェクトに参加したと言ってきました。
これは政府が奨励しているプロジェクトで参加ホテルでの宿泊の40%を補助してくれます。
我が家もちょうどハズバンドの運動不足解消が必要でしたのでこの企画に参加することにしたのです。

今回は母を誘ってわたしたちと妹家族みんなで6人の旅です。
週末を利用した1泊2日の旅です。時間を無駄にしないためにバンコクからも近いパタヤを選んだのです。
泊まったホテルはメルキュールパタヤ・オーシャンリゾートです。

20220917_203709.jpg

20220917_150821.jpg

20220917210826_IMG_0030.jpg



このホテルを選んだ大きな理由はプールにスライダーゾーンとダイビングゾーンが設置されているからです。これはスイミング大好きのミルキーとスライダー大好きのわたしの希望にぴったりだったのです。

1663464749271.jpg

1663464841825.jpg


1泊2日の短い旅でしたがよく笑い大いに楽しみました。



22-09-19-13-35-41-289_deco.jpg

20220918_083308.jpg

20220918113133_IMG_0120.jpg

22-09-19-13-39-23-839_deco.jpg

22-09-19-13-40-04-323_deco.jpg

20220918065158_IMG_0054.jpg

20220917210924_IMG_0031.jpg











↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

NEW TOPIC
COMMENT
LINK
SEARCH
RSSリンクの表示