魔女の手紙 タイランド       สาสน์จากแม่มดน้อย BLOG
FC2ブログ

ある男とノラ公ムゥタの物語 หมูทะ จากสุนัขไม่มีบ้าน...สู่ forever home

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


最近のことですが、テレビニュースで印象に残ったトピックがあって、それはすぐSNSの世界にまで広がりました。

ブウムという男性からお話ははじまります。
彼がよく通っていたムーカタ・レストラン(タイ風焼肉)がありました。1人でまたある時は友達といっしょに来ていました。

その日、彼は女性のお友達と食事に来ました。よくあることなのですがこの日も彼はビールやワインなどをたくさん飲んでかなり酔っぱらっていました。

帰る時間になって外へ出た彼は、たまたま外でたむろしていた数匹の犬に目がとまりました。そして何を思ったのでしょうそのうちの1匹を自分の車に乗せようとしたのです。何度か失敗しながら最後には一匹の犬を車に乗せたのです。
もちろんこの夜はかなり酔っていたので友人が運転して家に帰ったのです。


翌朝、友達はブウムが犬をしっかり抱きしめて眠っているのを見つけました。
犬はといえばすこし恥ずかしそうですがまったく逃げ出そうという様子はありません。
友だちはブウムを起こして、犬を返しにゆかなくてはと告げました。多分この犬は昨夜のレストランの犬だと考えたのです。

ブウムは起きて、ベッドで尻尾を振っている犬を見ました。
どうしても昨夜この犬を連れ帰ったときのことが思い出せません。


酔っぱらった彼はどうにかしてこのワン公を車に乗せようとしました




でも友達はちゃんと見ていました。
撮った動画を見せられたブウムはようやく物事を理解できたようです。急いで犬を返すためにレストランへ向かいました。

そしてその日のうちにブウムはたくさんの食べ物を持って犬がたむろしている場所へ戻ってきたのです。それは昨夜まるで誘拐のように連れ去ったことへのお詫びの印でした。

Moo1.jpg

Moo3.jpg

Moo2.jpg



その犬はすでにブウムのことを覚えていて、彼を見るなり大きく尻尾を振って近づいてきました。そして、まるでこんにちはと挨拶をするように彼の顔をなめたのです。

そこでブウムは店の主人からこのあたりにたむろする犬たちのなかでこの犬だけが飼い主がいないことを聞いたのです。

そしてまたその翌日のことです。
ブウムはすでに決心していました。
花柄の首輪やおやつ、様々な犬のアクセサリーなどの、まるで結納品のような品々を携えて犬がいる場所へ行ったのです。
犬はブウムを見るなり急いで駆け寄ってきました。ピョンピョン跳ねるように飛び上がり彼にキスしようとしました。
ブウムはこの犬を連れ帰り世話をして住むべき家をあげようと考えたのです。

犬を家に連れてきた最初の日。
犬は雌犬でした。
まだこの家になれていないにもかかわらず、うるさく吠えることもなく、攻撃的でもなく、大人しくお行儀のよい犬でした。

最初の夜、ブウムは犬を階下に置きました。まだシャワーもさせてなかったので、ただ扇風機の風だけはちゃんと届くようにしておきました。
翌日彼が目覚めたとき扇風機はどうしたはずみか停止していました。犬はきっと暑かったに違いありませんがなにも声を出しませんでした。
それにトイレも家の中ですることなく彼がドアを開けてくれるのを待っていたようです。

ブウムは犬をきれいに洗ってそれからワクチン接種のために病院へ連れていったのです。
彼が考えた名前は【ムゥタ】です。
それは彼らが出会ったお店の名前からいただきました。

Moo4.jpg

Moo7.jpg

Moo6.jpg



わたしはムゥタの幸せを祈ります。
そのためにはこの男性ブゥムがずっと健康でいることが必要です。
ふたりがずっと幸せに過ごしますように。


Moo8.jpg

FB_IMG_1603443821907.jpg

FB_IMG_1603443406401.jpg






↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

初めてのお好み焼きチャレンジ ครั้งแรกกับโอโคโนมิยากิของฉัน

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ



COVID-19が猛威をふるいはじめてから半年以上が経過しましたが世界の状況は改善されていません。

オフィスで日本食の話をするときアムが必ず言います。わたしのハズバンドが作るお好み焼きが食べたいということ。

でもハズバンドが戻ってくる気配はありません。というのもタイ自体がまだ完全にゲートを開こうとしないからです。
もう少し待たないといけません。

アムがいつも言うので、いちどわたしがお好み焼きを作ってみようと考えました。それであらためてハズバンドにポイントを聞いたのです。
電話だけではよくわからずYoutube先生の手助けも得ていざチャレンジです。
が、その前に、わたしはアムに宣言しました。
「最初に約束よ、わたしはあなたのためにお好み焼きをつくるから、なにがどうあろうと必ず食べること、いいわね」

それから仕事の5日間というものわたしは思い出すたびにお好み焼きに使う材料をあれこれチェックしたのです。
ところがアユタヤに住んでいるために、ハズバンドのレシピにあるちくわがどうしても見つかりません。いくつかのマーケットで見たのですがありませんでした。それにドライの小エビもありません。

それで今回は妥協することにして、とてもベーシックなお好み焼きをつくることに。
キャベツ・ブタスライス・生エビ、これくらいしかありません。
でも前回ハズバンドが使った残りの材料、青ノリ・カツオ節・それにお好み焼きソースがあります。なんとか、らしくなるかもしれません。

そして休日がやってきました。
ハズバンドとYoutube 先生が教えてくれたレシピを見ながら恐るおそるのクッキング・スタートです。
ところが肝心のYoutube では一部の材料が詳しく述べられてないのです。これはしかたありません、自分の目で確かめながら推測しましょう。
すべてがフライパンの中に入りました。
ここでまた心配が。フライパンの蓋はどうすべきか。ブタスライスにちゃんと火が通るか気になります。


何もかも上に載せてピザではないとハズバンドが言いました
Okonomiyaki2.jpg


このあといちばん苦労したのはお好み焼きをひっくり返す作業です。失敗して割れたりしては台無しです。それだけならまだしも、外へ飛び出したらおしまいです。
でもなんとか返すことに成功しました。終わり近くにもういちどひっくり返してチェックして、お皿に移します。
そしてソースとマヨネーズをかけます。
急いでアムに届けました。

アムの食後の感想です。
「なんだか粉っぽい感じ。お姉さんのハズバンドのほうが美味しかったわ」
言ってくれるじゃないですか。

でもわたしの感じとしては小麦粉はまったく多くなかったと思います。多分、小麦粉に
加える美味しくするためのなにかを忘れたのでしょう。
まあでもアムが言ったのは小麦粉のことで、その他全体的には美味しかったということです。よいように解釈して納得。

その夜ハズバンドにさらに詳しいテクニックなどを尋ねました。
なかで気がついたことは、完全にひとつの重要ポイントを忘れていたということです。
まず粉に美味しさをプラスするためにカツオ節粉や芋の粉などをミックス、そして出来上がったときに最後にカツオ節をパラパラっとかけることなど、全部忘れていました。見た目の美しさばかりに気をとられていたのでしょう。

結局こういうことになりました キャベツも大きいと
Okonomiyaki3.jpg


今回のお好み焼きは正直に言うと大失敗でした。また作ろうという意欲がすこし減退しました。
これはそう簡単ではありません。
もし次があるなら今度はフライパンも変えてやってみましょう。そしてハズバンドが教えてくれた美味しくするテクニックを駆使してみようと思います。







↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

ミルキーがラマ9世寺院・ダーマキャンプへ เมื่อมิลค์กี้สมัครใจไปเข้าค่ายธรรมะ

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

IMG_7471.jpg


久しぶりに姪っ子ミルキーの話題です。

ミルキーはもう10歳。日々の著しい成長に魔女おばちゃんは、ときどき喜びそして驚いています。
彼女の言葉のはしばし、またはその身振りや仕草にますますティーンエージャーらしくなってゆくのが感じられます。

ミルキーママも、この時期がある意味、娘の人生のターニングポイントであり重要な転機にもなると考えています。親が娘を正しい道に導くならばそれはよい大人になるためのワクチンを得るようなものなのです。

そこでミルキーママは娘にどのような新しい経験をさせようかと考え、注目したのがダーマキャンプ、これはバンコクの有名寺院であるラマ9世寺院が行っている子供たちのキャンプ(合宿)です。

ママはまずミルキーのために登録をすることにしました。初心者のためには半日コースも用意されています。
でもなにかがひらめいたようにママは一泊コースを選んだのでした。

お寺のキャンプに登録する前、ママはミルキーにこんなことを尋ねました、
「あなたは自分の気持ちからお友達といっしょにダーマキャンプへ行きたいの?」
「うん、行きたい」(なぜなら彼女は親しいお友達がたくさんいるのです)

ママは考えていました。
ミルキーにはもっと自主的にいろいろなことができるように学んでほしい。そのためには他の人々と一緒に生活することも必要かもしれない。
それにもうひとつ重要なことはミルキーは食べ物の好き嫌いが激しい子供なのです。それはとくにママと一緒にいるときに顕著になります。
だからこのような機会を通じて他の人々と共に生活することは何かの新しい知識や経験を得られ、それがよい結果につながるかもしれません。

そしてその日が来ました。
ママは娘をお寺に送ってゆき、そのときに5個の宿題を与えました。
このダーマキャンプでは、お友達とただ楽しく遊ぶだけではなくて、なにか5個のよい結果を見つけなさい、と言ったのです。

IMG_7699.jpg

IMG_7608.jpg

IMG_7582.jpg

IMG_7578.jpg

IMG_7480.jpg

IMG_7408.jpg


そして一泊のダーマキャンプが終りました。
ママはミルキーを迎えに行き、帰る車の中で質問を投げかけました。
そしてミルキーが答えたのはこのような5個の項目でした。

1. 私はパーリ語。クメール語そしてビルマ語を勉強しました。
2.自己防衛の呪文や経文をいくつか覚えました。
3.英語などでお祈りを勉強しました。・・・でもこれはいますぐ思い出せません。
4. たくさんのお友達ができました。
5. 自立した生活に挑戦しました。
 自分で起きてすべてすませなくてはいけません。
 起床・歯みがき・シャワー・着替えて寝袋を
 片付けること。

今回ミルキーが得たダーマキャンプでの経験は、将来よい大人になるためのひとつの準備として生かされることでしょう。

下の動画は僧侶がミルキーにインタビューしたものです。お寺のプロモーションにも使うようです。
すっかり大人の受け答えにすこし驚きました。








↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

テレビ番組"DOHIRU" からのプレゼント ชิงรางวัลจากทางรายการดูให้รู้

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

前にもこのブログでご紹介しているのですが好んで視ているテレビ番組があります。
"DOHIRU"(ドゥハイル)というタイトルで 、日タイのハーフ・フジさんという男性が日本へ行って、よいお話や、すぐれたテクノロジーを紹介しています。
でも現在の新型コロナウィルスの感染拡大に伴って日本でのロケが難しくなりました。

それで最近この番組では主にタイ国内の日本を紹介しています。
そのひとつとして、タイ・チェンマイに20年以上住んでいる日本人のペインティングアーティストである戸田桃子さんを紹介しました。
彼女にはタイ人のご主人がいて、チエンマイの田舎にあるご主人の家に住んでいます。
戸田さんのユニークな作品は、猫の顔の漫画で知られています。

DOHIRU Momoko (1)

DOHIRU Momoko (2)

DOHIRU Momoko (3)

DOHIRU Momoko (4)

DOHIRU Momoko (5)


彼女が住むことになったタイ北部の田舎は様々な文化を勉強させてくれました。たとえばもち米(カウニヨ)の炊き方、魚醤の作り方、ココナッツのおろし方、などなど。
このような環境が彼女の作品を創造するきっかけとなり「タイからのおみやげ」という本が出来上がり、日本人アーティストの目を通したタイを紹介するために日本で販売されました。

book1.png

book2.png


彼女は多くの楽しい物語を創造しています。タイの文化を日本に紹介するためのアート作品がたくさんあります。
すべてはタイの広大な大地からの愛と幸せに満たされています。

番組 "DOHIRU"では、すでに放送された戸田桃子さんの作品に多くの視聴者が興味を持ったことを知りました。
それで番組は彼女の作品販売の手助けをしようとプレゼント企画を提示したのです。
でも視聴者がこのプレゼントをゲットするには少なくとも3つの項目に自分の意見を書く必要がありました。たとえばこのような質問です、
【"日本 "といえば、あなたは何を思い浮かべますか?】

わたしはめったにこのようなかたちの懸賞には応募しないのですが、この番組はながく視ていて、おまけにチェンマイに住んでいる彼女に好感を抱きました。

それでfacebookのページに参加表明をして下記のような意見を書き込んだのです。

日本といえばたくさんの印象的なことがらがあってひと口に表現するのは難しいです。
でもこのような大別はどうでしょうか。

1.日本人はいつも家族のように私たちのことを気にかけてくれて、気遣ってくれます。私たちが家族から離れても、彼らは私たちを気遣ってくれています。
そしてお別れの時、彼らはずっと立ったまま手を振ってバイバイしてくれます。電車やバスが駅を出るまで、私たちを送ってくれます。私たちの視界から消えるまで、彼らが手を振っている姿を見ることができます。

2.日本では、様々な災害に見舞われた逆境の時が何度もありました。そんなときに、驚いたのは彼らの高い規律性です。食べ物や物資を手に入れるために列に並んで待っているときでもけっしてわれ先にと争うことはありません。常に自分のことよりも他人のことを考えている様子が見てとれるのです。

3. 最後にどうしても挙げなければならないのは高齢者を含む介護や健康保険制度。どんなに病気になっても、日本政府は高齢者を大切にしています。そして自宅で面倒をみることが困難な家庭のために高齢者を預かる施設があちこちにあるのです。
それに、救急車はいつでも利用できます
また、60歳以上の高齢者が差別なく普通に働き続けることができる社会が確立しています。(定年制度がタイの場合は60歳が多い)
そうすることで、彼らが仕事を持ち、人生を最後まで生きていけるのです。

そしてFacebook上で結果が発表されました。
わたしが大喜びする結果が、なんと5人のうちの1人に選ばれていたのです。
賞品は桃子さん作のブックカバーでした。


Share opinion

The results announced


番組から送られてきたプレゼントです
4 books award

20201002_044314.jpg

Eco bag first prize











↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

わたしたちの新しい乗り物 ยานพาหนะใหม่สำหรับพวกเรา

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ


ある日のオフィス。
ひとりの同僚社員がわたしたちのオフィスに用があると言ってきました。
社内といっても広いので違うセクションから移動するのは大変です。

そしてやってきた彼をみてわたしたちはエキサイトしたのです。
それは彼がまるでムービースタのようなハンサム・マン・・・だったのではなくて、彼が乗ってきた乗り物に原因があったのです。

彼が立ったまま乗ってきた乗り物は、今まで社内では見たことがないものでした。
二輪に操縦バーがついている乗り物、立ち乗り電動スクーターといえばよいのでしょうか。

仕事の打ち合わせを終えたわたしたちは興味深々で尋ねました。
その乗り物はタイでは単に電動スクーターと呼ばれているそうです。
「乗ってみたいです、教えてくれますか」
こんな機会を逃してはなりません。
彼は親切で落ち着いた雰囲気で教えてくれたのです。

じっさい乗ってみると意外に簡単でした。
前進そしてバック、すべてはまず身体を傾けることでそれがマシンに伝わるのです。前へ進みたければ身体を前に倒すのです。ターンしたければその方向に身体を傾けハンドルを軽く触るのです。

みんなを見ていると怖そうで身体がこわばっているのがわかります。まるで丸太が突っ立っているようです。
その場はみんなの応援する声と笑いに包まれました。

Scooter (4)

Scooter (3)

Scooter (2)


最後にわたしの番になりました。
みんなの様子をみていてこれならわたしは乗れると思いました。それでも、うまくバランスがとれるかなと、かなりエキサイトしていたのは事実です。

スクーターの上に立ってみました。
それほど難しくありません。
わたしは彼に、
「大丈夫よ、手を離してみて」
そんなわたしを見てアムがまるでスポーツ応援団のように叫びます、
「お姉さん、とっても上手よ!」

そういうアムは、多分自分のときは怖かったのでしょう。バランスがうまくとれず、教えてくれる男性にずっと支えられていたのです。
アムがこんなことを言ってました、
「わたしはこれで分かったわ。このスクーターに乗る才能はなくて、乗れるのはせいぜい自転車までね」

わたしはひとりで操縦し自分で停めて降りることができました。というのもみんなは自分で停車して降りることができなかったのです。
まるでチャンピオンに輝いたようにみんなが拍手をしてくれました。

「どうですか、ここのオフィスでも1台導入しませんか」
でも乗れるのがわたしだけではみんなが不満を言いそうです。














※ 森のカフェ(JAPAN)よりお知らせです

タイへ帰れなくなったマイハズバンド・ちい公。
森のカフェで頑張ってますが、新しいお話がはじまっています。
ぜひご覧くださいね。

   「ドールより愛をこめて」不思議なBar


202009260032391ae.png



↓↓ หากคุณต้องการอ่านภาษาไทย กรุณาคลิ้กที่นี่

続きを読む

テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとうございます また明日 ขอบคุณมากค่ะ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ

PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

NEW TOPIC
COMMENT
LINK
SEARCH
RSSリンクの表示