魔女の手紙 タイランド       สาสน์จากแม่มดน้อย 噛みビンロウ การเคี้ยวหมาก
FC2ブログ

噛みビンロウ การเคี้ยวหมาก

ขอบคุณสำหรับการเยี่ยมชมบล็อกของฉัน
今日もありがとう
13 Aug

 

ビンロウの実


噛みビンロウのセット



昔からあるタイの風習のご紹介です。
ビンロウ噛み(ビンロウの実を噛む)

これは当時のファッションともいえるでしょう。
老いも若きも黒くなった歯が美しいと信じていた時代なのです。

嗜好としての噛みビンロウ。
もしビンロウがなければ力も出ないし眠くなってしまう。(タバコの習慣性と似たものでしょう)
しかし現在では噛みビンロウはかなり年輩の方々や重要な儀式で使われるだけになりました。

ビンロウの実を入れる箱を見ると歴史の一端が垣間見えます。
持っている箱によってステータスを誇示できたのです。
たとえば普通の人なら木製の箱、そしてより高い地位の人なら木に彫り物があったりあるいは真鍮、銀、などで作られた箱でした。
もし王様クラスならゴールドという具合でした。


スタンダードなビンロウ入れ
フツウのビンロウ入れ

ハイクラスのビンロウ入れ
ハイクラスのビンロウ入れ

王族が使ったビンロウ入れ
王族のビンロウ入れ



ビンロウ噛みの文化(風習)は法的には1942年にいちど禁止されました。
理由としては、外国から来られる人々にビンロウを噛んでいるタイ人を見せたくないということだったようです。ビンロウを噛むと歯が紅くそしてつぎに黒ずんでくるのですが、それが見た目には美しくないのです。

そのためか昔の写真はあまり残っていません。
当時の政府としては、外国人に対して文明的なタイ人をみせたかったのでしょう。それでビンロウ噛み禁止のルールを作ったのです。
しかし現在ではその法律はなくなっています。

今でも東北部など地方に行くとお年寄りがガムのようにクチャクチャとビンロウを噛んでいるのを見かけます。




今日もありがとう








สมัยโบราณ การกินหมากเป็นวัฒนธรรมการกินอย่างหนึ่งของคนไทย
หรือจะเรียกว่าเป็นแฟชั่นสมัยก่อนก็ได้
เป็นที่นิยมทั้งในคนหนุ่มสาวและผู้สูงวัย
ด้วยความเชื่อที่ว่า คนที่มีฟันดำคือคนสวย
อีกทั้งการเคี้ยวหมากยังสร้างความเพลิดเพลิน
วันไหนไม่ได้เคี้ยวหมาก พาลให้หมดเรี่ยวแรง นั่งหาวทั้งวัน
แต่ปัจจุบันคนที่นิยมกินหมากจะเหลือแต่ผู้สูงอายุ
หรือใช้ประกอบพิธีสำคัญๆ เช่น การทำขวัญหรือสู่ขวัญ, การตั้งพิธีต่างๆ เป็นต้น

นอกจากนี้เชี่ยนหมากยังถูกใช้เป็นเครื่องแสดงฐานะทางสังคมได้ว่าใครมียศถาบรรดาศักดิ์สูงแค่ไหน
สามารถดูได้จากวัสดุที่ใช้ทำเชี่ยนหมาก หากเป็นชาวบ้านธรรมดา จะเป็นเชี่ยนหมากไม้ธรรมดา
หากมียศถาบรรดาศักดิ์ เชี่ยนหมากก็จะทำจากไม้แกะสลัก เครื่องเขิน ทองเหลือง เงิน
หากเป็นชนชั้นกษัตริย์ก็จะทำจากทองคำ

วัฒนธรรมการกินหมากในไทยถูกสั่งห้ามเมื่อปีพ.ศ. 2485
ด้วยเหตุผลที่ต่างชาติมองว่าการกินหมากดูเลอะเทอะสกปรก เป็นภาพที่ไม่ชวนมอง
รัฐบาลสมัยนั้นต้องการให้ต่างชาติเห็นว่าชาติไทยมีความเป็นอารยะ จึงประกาศห้ามกินหมาก







テーマ : タイでの生活・暮らし
ジャンル : ライフ

今日もありがとう またね~ ขอบคุณมากค่ะ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本には「おはぐろ」といって、結婚すると歯を黒く染める風習がありましたが、同じこともタイでやっていたのですね。日本では女性だけでしたが、タイではどうなんでしょうか。

「おはぐろ」は既婚か未婚かを見極めるためとか虫歯にならないためなどと言われていました。近代化で廃れてみんな白い歯になったとき、「白い歯なんて気持ちが悪い」なんて声があがったそうです。

北海道の先住民族のアイヌは口の両端に刺青をいれて口を大きく見せていて、これが美しい顔をされていたそうですが、美の基準は時代と共に変化するんですね。でも歯を黒くしたり顔に刺青したり鼻や耳に飾りをつけるのは、第一に魔除けのためだったと思います。穴から魔物が入り込まないための。

Re: 雨宮清子(ちから姫) さま


ちから姫さま おはようございます。
貴重なお話をありがとうございます

タイで歯が黒くなっていたのは結婚には関係なく、ビンロウの実を噛んでいる人々だけです。

タトゥーについてはタイでも昔からありますがこれはいちど歴史的な意味合いなどをしらべてみようと思います。
北方系そして南方系、タイにはルーツをたどれば様々な民族が住んでいます。
なかにはいまもそれぞれの民族特有の歴史や伝統を守っている人々もいます。

民族的な歴史もしらべてみたいと思っています。

いつもありがとうございます。

ビンロウ噛みの文化(風習)

>ビンロウ噛みの文化(風習)は法的には1942年にいちど禁止されました。
 理由としては、外国から来られる人々にビンロウを噛んでいるタイ人を見せたくないということだったようです。

〇なるほど、ビンロウ噛みの文化(風習)は東南アジアでは習慣ですね。禁止されても噛みたいというところでしょうか。
 たいへん参考になる記事でした。

Re: さささげくん さま

コメントありがとうございました

それぞれの国にはいろいろな文化がありますね
タイと日本を比べてみても
どこか似ているような子供の遊びがあったり
ぜんぜんちがう風習があったりします。

でも基本的にお米の文化圏
似ていることが多いような気もします。
NEW TOPIC
LINK
ブロとも一覧

kojimitu日記
ARCHIVE
SEARCH
RSSリンクの表示
PROFILE

PERN

Author:PERN
バンコクで生まれ育った魔女がお届けする面白い日々
ハズバンドはとてもユニークな日本人なの。だって魔女との生活を楽しんでいるのだから・・
あわて者といわれるけれど私はいつも一生懸命。愛するタイランドと日本そしてハズバンド。
両手いっぱいの幸せと頬笑みをあなたにも


วันแห่งความสนุกสนานของแม่มดน้อยที่อาศัยอยู่ในกรุงเทพฯ พร้อมจะบริการคุณ
แฟนของฉันเป็นคนที่มีเอกลักษณ์ของความเป็นญี่ปุ่นมาก
เพราะว่าเขามีความสุขที่ได้ใช้ชีวิตอยู่กับแม่มดน้อยคนนี้
เขาเคยบอกฉันว่าฉันเป็นคนที่มีความตื่นตระหนกตลอดเวลา
แต่ฉันก็พยายามที่จะลดความตื่นตระหนกนี้และเข้าสู่โหมดจริงจังให้ได้มากที่สุด
ฉันรักประเทศไทยและประเทศญี่ปุ่น รวมถึงฉันก็รักแฟนของฉันมาก
ฉันพร้อมจะนำเสนอความสุข ความสนุกสนาน และมอบรอยยิ้มให้กับคุณทุกคน

COMMENT
アルバム